葬式に参列する時の服装のマナー

通夜やお葬式に参列する場合、服装や礼儀など、最低限のマナーを知っておかなければ失礼にあたる場合があります。男性の服装は、ダークスーツに白シャツ、黒のネクタイ、黒の靴下、黒の靴が基本です。女性の場合、地味な平服が基本で、必要以上に肌の露出をさけ、光沢のあるものや、派手で目立つ物を身につけないのが最低限のマナーです。素足ではなく、必ずストッキングを履きます。男性も女性も、訃報を聞いてから時間的余裕がある場合は、喪服で伺っても問題ありません。子供が参列する場合は、学校の制服があれば制服を着るのが一般的です。制服がない場合は、黒系のジャケットやズボン、ワンピース、白か黒の靴下、光沢のない黒い靴が基本となります。

公営墓地の抽選

皆さんは公営墓地という場所をご存知でしょうか?現在、東京都で運営されている都立霊園は8箇所あり、その中で小平、八柱、八王子、多磨の四箇所で返還されてしまった墓地の環境を整えて、年に一回公募しています。そして、八柱と多磨では1991年からロッカー式の墓所や、壁型埋蔵施設などを募集しています。この公営墓地はとても人気が高いのにも関わらず、平均的な倍率よりも遥かに高い倍率になっています。私自身、何度も応募しているのですが、中々抽選が当たらないという現状になっています。しかし、毎年応募しているので、何度も何度も応募すれば、必ず抽選が当たると思うので、墓地の抽選を当てたい方は何度も応募したほうが良いですよ。