お葬式のときの身だしなみとは

普段の生活とは縁がないけれど、年に一度くらい関わらなくてはならないのが冠婚葬祭。結婚式などは自分も経験があればそこまで気を張ることはないですが、自分が体験せずに関わらなければならないのはお葬式です。服装は黒の礼服が一番好ましいとされています。学生であれば制服でいいでしょう。通夜で仕事帰りに行かなくてはならない場合は、礼服でなくても黒い服装に変えましょう。ストッキング、靴、カバンも黒がいいでしょう。袱紗も暗めの色で用意しておくことをオススメします。派手なアクセサリーは避けて真珠のネックレスなどで対応し、ネイルも可能であれば落としておきましょう。故人や親族に不快に思われない服装と態度を示し、故人を偲んで列席します。

墓地の隣の新居で暮らします

私は明日から、ローンで購入した新居で暮らします。新居では、嫁と私の二人だけで住む事になりますが、将来子供が生まれる可能性がある事も踏まえて、新居には4部屋あります。今のところは、私達の部屋をお互いに2つ使うという事になっています。私は映画鑑賞が趣味なので、一部屋は映画鑑賞用の部屋にしようと思っています。嫁は、猫と戯れる部屋にする予定らしいです。何故この家をローンで購入しようと思ったのかといいますと、この家が周りの相場よりも300万円ほど安かったからです。相場よりも300万円ほど安い理由は、家の直ぐ隣が大きな墓地だという事です。家の窓からも、がっつり墓地が見えますが、私も妻もそんな事は気にしない性格なので、この家の購入を決めました。