失礼にならない男性の葬式の服装とは。

失礼にならない男性の葬式の服装について調べてみました。葬儀・告別式での服装のマナーですが、基本的にブラックフォーマルを着用します。一昔は喪服が基本でしたが、最近では略礼装のブラックフォーマルで臨む方が多くなってきました。それでは、男性が葬式に伺う時の注意点を細かく説明していきます。・ブラックフォーマルはシングルでもダブルでも問題ありません。・シャツは白色が基本です。柄物・濃い色のシャツは控えましょう。・ネクタイは黒色・無地が基本です。・ネクタイピンや胸ポケットのハンカチはしないようにしましょう。・靴下は黒色・無地が基本です。・靴は黒色が基本です。光沢が少ない靴を使用しましょう。また、スエードや金具が付いている靴は出来るだけ避けましょう。・冬場のコートは地味な物を着用しましょう。毛皮のコートの着用は殺生なイメージが強いため控えましょう。・結婚指輪・時計以外の貴金属を身に着けるのは控えましょう。以上のように、失礼にならない服装を心掛けましょう。

近所の墓地にお墓を建てました

私は先日、自分のお墓を建てました。お墓を建てた場所は、近所の墓地です。この近所の墓地には妻の家族のお墓もあるので、万が一墓参りする事になった時も楽で良いだろうと思い、ここにお墓を建てることを決めました。自分のお墓を持つ事は、自分が死ぬ時の気苦労を少し軽減させる事にもつながるので、皆さんにもオススメですよ。私はこのお墓を建てた近所の墓地に、妻と結婚する前、一度来た事があり、思い出の場所にもなっています。妻と出会ってから2年目くらいの時に(多分夏だったと思います)妻と二人で散歩をしていたら、妻がいきなり「ここ私の家族のお墓なんだよ」と言うので、私は完全に部外者でしたが、その場のノリでお墓参りをする事になりました。