葬式の際の服装について

葬式の際の正しいマナーを皆さんはご存知でしょうか。ここで、葬式に参列する際の服装について、簡単にご紹介します。葬式には喪服を着用するのは一般的に知られていますが、喪服にはモーニングや和装などの正式なものと、ブラックスーツと呼ばれる略式のものがあります。葬式に参列する際には、たとえ正式なものを持っていたとしても、略式のものを着用するようにしましょう。これは、親族よりも格が上がらないようにするためです。また、喪章は、亡くなった方の親族や関係者を示すものです。喪章を腕に巻いたからといって、喪服の代わりになるということはありませんので注意してください。仮通夜には、喪服を着用すると不幸を予期していたと考えられるので、地味な平服で構わないとされています。

来週墓地で父のお墓参りをします

私は現在、妹と弟とお母さんの合計4人で暮らしています。私のお父さんは3年前にこの世を去ってしまいました。それからは、公営団地に住んで生活しています。私と妹は現在フリーターで、バイトをして月にお互い4万円ずつお母さんにお金を渡しています。お母さんは、家事と仕事の両方をこなしているので、せめてもの親孝行としてお金を渡しています。そして、そんな私の家族は、毎年必ずお父さんの眠っている墓地にお墓参りをしに行っています。私も妹も毎年墓地にお墓参りに行くと泣いてしまいますが、去年はお母さんが泣いていませんでした。どうやら、私達の世話をしながら、仕事をしていくにつれて、心が強くなったらしいです。私はそんなお母さんに精一杯親孝行をしてあげようと思います。